普段まったくチャンスがない女性が登録しているわけではない


このようなサイトに登録している女性がみんな本当の真剣な相手を求めているわけではありません。 中にはメールをしたいだけの人、苦労の話を聞いてほしいだけの人も存在します。 また、現実逃避をしたい人も男女問わず多くいます。 ですから、あまり深く詮索する事はしないほうがいい場合も、ここではあります。 その場合は実際に何か発展することは諦めた方がいいのですから、それを求めている場合は早い段階で見切りをつけないと時間と労力の無駄にかなりなってしまいます。 そして相手に選ばれているように自分にも選択権がある事を忘れてはいけません。 だからと言って上から失礼な事を言ってしまったら相手は怒ってしまいます。 しかし、これにただ単に気を使って無駄にお金をたくさん使ってしまう事は、かなり、もったいないというので辞めましょう。 お互いのメリットが最大限に活かせることが、やはり、このような所での一般的なルールとマナーであり紳士的な常識です。 これは普通は結果的にはそれ以上を強制的に求める必要もありません。



メールアドレスを聞くタイミング


このようなサイトでさくらに騙されたという男性の中には、ここで女性に直接アドレスを聞くタイミングをわかっていない方が多くいます。 それは騙されたのではなく、単純に嫌われてしまった可能性も高いと言えます。 相手の立場にたって考えるとすぐにわかる事なのですが、出会いたいという思いが強くなりすぎてしまいます。 忘れてしまう場合が合うので少し注意が必要です。 そして特に既婚の相手にはリスクを考えると、これらは結局はアドレスや電話番号は交換しないほうが後々は証拠として残らないのでいいこともあります。